国内学会

年度

2022 / 2021 / 2020 / 2019 / 2018 / 2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002

カテゴリー

スピンダイナミクス  スピン流  スピン移行  スピン操作  スピン源  理論計算  その他

2022

  1. 近藤 浩太, 志賀 雅亘, 坂本 祥哉, 犬塚 寛之, 二本柳 敦子, 荒岡 史人, 小林 正起, 三輪 真嗣, 宮島 大吾, 大谷 義近
    分子キラリティに依存した磁気抵抗効果の観測,
    日本物理学会 2022年秋季大会, 東京工業大学, 2022年9月.
  2. 近藤 浩太,
    分子を用いたスピントロニクス機能の開拓(招待講演),
    科学技術振興機構 さきがけ「トポロジー」第7回領域会議, 東京, 2022年8月.
  3. 大谷 義近, J.Puebla, 黄 閨暎, 近藤 浩太
     Magnon-Phonon Coupling in Spintronics(招待講演),
     ICMFS-2022, 沖縄, 2022年7月
  4. 一色 弘成, 朱 政, 水野 隼翔, 上杉 良太, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
     Strong temperature dependence of spin Hall effect in a Co2MnGa originated from a side-jump   mechanism
     ICMFS-2022, 沖縄, 2022年7月
  5. 大谷 義近,
    機能的スピン変換現象(招待講演),
    分子研研究会「エネルギー科学の最前線:階層横断的な理解に向けて」, 2022年3月.
  6. 近藤 浩太,
    Observation of chirality induced magnetoresistance due to thermally driven spin polarization(招待講演), CEMS Topical Meeting Online Interplay between Chirality and Magnetism, 20223月.

  7. 近藤 浩太,
    トポロジカル反強磁性体 Mn3Sn における磁気スピンホール効果によるスピントルクの計測(招待講演),
    令和 4 年 東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト研究会「固体中のスピン・軌道ダイナミクスとその制御」オンライン, 20221月.  

2021

  1.  J. Puebla, M. Xu, Y. Hwang, K. Yamamoto, K. Baumgaertl, A. Lagarrigue, B. Rana, K. Kondou, K. Miura, H. Takahashi, D. Grundler, S. Maekawa & Y. Otani,
    Nonreciprocity via magneto-rotation coupling and acoustic spin pumping in presence of acoustic cavities(招待講演),
    The 5th Symposium for The Core Research Clusters for Materials Science and Spintronics, and
    The 4
    th Symposium on International Joint Graduate Program in Materials Science,
    東北大学(オンライン), 2021年10月.
  2. K. Kondou
    Recent progress of spin-charge conversion(招待講演)
    RIKEN-NCHU Symposium, 2021年9月
  3. 一色 弘成, Zhu Zheng, 水野 隼翔, 上杉 良太, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    Co2MnGaのスピンホール効果と異常ホール効果,
    日本物理学会2021年秋季大会, オンライン, 2021年9月.
  4. 平井 康之, 朱 政, 水野 隼翔, 一色 弘成, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    非局所スピン吸収法によるエピタキシャルPt薄膜のスピン拡散長の決定,
    日本物理学会2021年秋季大会, オンライン, 2021年9月.
  5. 小林 鮎子, 肥後 友也, 曲 丹茹, ムハンマド・イクラス, 中辻 知, 大谷 義近
    非共線反強磁性Mn3Sn薄膜の異常ホール効果における特異な振る舞い,
    応用物理学会春季学術講演会, オンライン, 2021年3月.

2020

  1. 近藤 浩太
    局在プラズモン共鳴を用いた新奇スピントロニクス機能の開拓 (招待講演),
    ATI 研究助成成果発表会, オンライン, 2020年11月.

  2. N. D. Khanh, M.-T. Huebsch, R. Takagi, Y. Otani, R. Arita, T. Arima, Y. Tokura, S. Seki
    Spontaneous Hall effect in an antiferromagnet,
    日本物理学会2020年秋季大会, オンライン, 2020年9月.

  3. 小林 鮎子, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    非共線反強磁性体Mn3Snにおける磁気構造由来電気伝導,
    日本物理学会2020年秋季大会, オンライン, 2020年9月.

  4. 呉 明星, 一色 弘成, 陳 太師, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    非共線反強磁性体Mn3Geにおける磁気光学カー効果,
    日本物理学会2020年秋季大会, オンライン, 2020年9月.

  5. Y. Hwang, J. Puebla, M. Xu, A. Lagarrigue, K. Kondou, Y. Otani
    Ehancement of acoustic spin pumping by acoustic distributed Bragg reflector cavity,
    日本物理学会2020年秋季大会, オンライン, 2020年9月.

  6.   J. Puebla, M. Xu, K. Yamamoto, K. Baumgaertl, A. Lagarrigue, B. Rana, K. Kondou, K. Miura, H. Takahashi, D.Grundler, S. Maekawa & Y. Otani, 
    Spin current generation and non-reciprocity via magnon-phonon coupling (invited),
    CEMS Topical Meeting Online magnon-phonon coupling, オンライン, 2020年8月.

2019

  1.  B. Rana, S. Choudhury, C. Akosa, K. Miura, H. Takahashi, G. Tatara, Y. Otani
    Electric field control of damping constant in ultrathin ferromagnetic films,
    RIKEN-AIST 5th Innovation Core Workshop, 東京, 2019年12月.

  2.  B. Rana, C. A. Akosa, K. Miura, H. Takahashi, G. Tatara Y. Otani
    Electric field control of damping constant in ultrathin ferromagnetic films,
    RIKEN-AIST 5th Quantum Technology Innovation Core Workshop, 東京, 2019年12月.

  3.  一色 弘成, 近藤 浩太, 瀧澤 誓, 下瀬 弘輝, 河辺 健志, 南谷 英美, 山口 直也, 石井 史之, 塩足 亮隼, 杉本 宜昭, 三輪 真嗣, 大谷 義近,
    単分子膜で修飾された金属表面のスピン依存機能性,
    日本物理学会 2019年秋季大会, 岐阜大学, 2019年9月.

  4.  呉 明星, 一色 弘成, 陳 太師, 肥後 友也, 中辻 知,大谷 義近,
    ワイル反強磁性体Mn3Geにおける異常ホール効果と磁区構造の相関,
    日本物理学会 2019年秋季大会, 岐阜大学, 2019年9月.

  5.  近藤 浩太
    局在プラズモン共鳴を用いた新奇スピントロニクス機能の開拓 (招待講演),
    新世代研究所 第2回界面ナノ科学研究会, 福島, 2019年3月.

  6.  一色 弘成, P. K. Muduli, 近藤 浩太, 大谷 義近,
    Direct and inverse Edelstein effects at Bi2O3/Cu interface measured by means of spin absorption method,
    平成30年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2019年3月.

  7.  横内 智行, 杉本 聡志, ラナ ビヴァス, 関 真一郎, 小川 直毅, 葛西 伸哉, 大谷 義近,
    表面弾性波によるスキルミオンの生成,
    平成30年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2019年3月.

  8.  松本 健太, 近藤 浩太, 肥後 友也, R. C. Temple, C. H. Marrows, 大谷 義近,
    Spin pumping measurements in a Pd-doped FeRh alloy,
    平成30年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2019年3月.

  9.  朱 政, 肥後 友也, 金 俊延, 松本 健太, 一色 弘成, 曲 丹茹, 近藤 浩太, 中辻 知, 大谷 義近,
    エピタキシャルおよび多結晶白金薄膜におけるスピンホール角の比較,
    平成30年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2019年3月.

  10.  小林 鮎子, 肥後 友也, D. Qu, 中辻 知, 大谷 義近,
    ワイル反強磁性体Mn3X (X=Sn,Ge)薄膜の作製および磁気輸送特性,
    平成30年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2019年3月.

  11.  中田 真史, 近藤 浩太, 一色 弘成, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 大谷 義近,
    PbPc/Cu界面における逆エデルシュタイン効果測定の銅キャッピング層厚依存性,
    平成30年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2019年3月.

  12.  横内 智行, 杉本 聡志, ラナ ビヴァス, 関 真一郎, 小川 直毅, 葛西 伸哉, 大谷 義近,
    Pt/Co/Ir 三層薄膜における表面弾性波を用いた磁気スキルミオンの生成,
    日本物理学会第74回年次大会, 九州大学, 2019年3月.

  13.  松本 健太, 近藤 浩太, 肥後 友也, R. C. Temple, C. H. Marrows, 大谷 義近,
    FeRh合金系における反強磁性-強磁性相転移点近傍での逆スピンホール効果,
    日本物理学会第74回年次大会, 九州大学, 2019年3月.

  14.  朱 政, 肥後 友也, 金 俊延, 松本 健太, 一色 弘成, 曲 丹茹, 近藤 浩太, 中辻 知, 大谷 義近,
    エピタキシャルおよび多結晶白金薄膜におけるスピンホール角の比較,
    日本物理学会第74回年次大会, 九州大学, 2019年3月.

  15.  中田 真史, 近藤 浩太, 一色 弘成, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 大谷 義近,
    PbPc/Cu界面における逆エデルシュタイン効果測定の銅キャッピング層厚依存性,
    日本物理学会第74回年次大会, 九州大学, 2019年3月.

  16.  金 俊延, 蔡 瀚陞, 近藤 浩太, H. W. Lee, 大谷 義近
    Cu/Al2O3界面における軌道変換によるスピントルク,
    第66回 応用物理学会 春季学術講演会, 東京工業大学, 2019年3月.

2018

  1.  J. Puebla, F. Auvray, M. Xu, N. Yamaguchi, F. Ishii, Y. Otani
    非磁性体界面における光とスピン軌道相互作用によって媒介されるスピン電荷相互変換,
    RIKEN-AIST 第4回 量子技術イノベーションコア Workshop, 東京, 2018年11月.

  2.  M. Xu, J. Puebla, F. Auvray, B. Rana, K. Kondou, Y. Otani
    マグノン-フォノンカップリングで誘起される逆エデルシュタイン効果,
    RIKEN-AIST 第4回 量子技術イノベーションコア Workshop, 東京, 2018年11月.

  3.  J. Kim, H. Tsai, D. Go, K. Kondou, H-W Lee & Y. Otani,
    角運動量に媒介される高効率電荷-スピン変換,
    RIKEN-NIMS 第2回 マテリアルイノベーションコア Workshop, 物質・材料研究機構, 2018年11月.

  4.  T. Yokouchi, B. Rana, S. Sugimoto, S. Seki, S. Kasai & Y. Otani,
    表面弾性波によるスキルミオン駆動
    RIKEN-NIMS 第2回 マテリアルイノベーションコア Workshop, 物質・材料研究機構, 2018年11月.

  5.  大谷 義近
    はじめに: なぜ今, 強結合スピントロニクスか?
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  6.  P. K. Muduli, M. Kimata, Y. Omori, T. Wakamura, S. P. Dash, Y. Otani
    Detection of the interfacial exchange field at a ferromagnetic insulator-nonmagnetic metal interface with pure spin currents,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  7.  肥後 友也
    ワイル磁性体の巨大磁気光学効果 (招待講演),
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  8.  成田 秀樹, 肥後 友也, M. Ikhlas, 中辻 知, 大谷 義近,
    カイラル反強磁性体Mn3Sn微細素子における磁気ドメインと輸送特性,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  9.  蔡 瀚陞, 近藤 浩太, 大谷 義近,
    Temperature dependence of spin-to-charge conversion and Rashba spin splitting at non-magnetic metal/Bi2O3 interfaces,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  10.  松本 健太, 近藤 浩太, R. C. Temple, C. H. Marrows, 大谷 義近,
    Pd添加FeRh合金のスピンポンピング測定,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  11.  茂木 優樹, 金 俊延, 瀧澤 誓, 近藤 浩太, 下瀬 弘輝, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 一色 弘成, 大谷 義近,
    PbPcで修飾されたCu表面を用いたEdelstein磁気抵抗効果の測定,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  12.  茂木 優樹, 金 俊延, 瀧澤 誓, 近藤 浩太, 下瀬 弘輝, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 一色 弘成, 大谷 義近,
    PbPcで修飾されたCu表面を用いたEdelstein磁気抵抗効果の測定,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  13.  小林 鮎子, 肥後 友也, D. Qu, 西川 尚, 中辻 知, 大谷 義近,
    カイラル反強磁性体Mn3Ge薄膜の作製および磁気輸送特性,
    日本物理学会 2018年秋季大会, 同志社大学, 2018年9月.

  14.  B, Rana, Y. Fukuma, K. Miura, H. Takahashi, Y. Otani
    Electric field excitation and channeling of spin waves,
    The 7th CEMS Research Camp on Dynamics, 埼玉, 2018年7月.

  15.  J. Puebla, F. Auvray, M. Xu, Y. Otani
    Helicity dependent photovoltaic conversion at nonmagnetic/oxide interface with inversion symmetry breaking,
    The 7th CEMS Research Camp on Dynamics, 埼玉, 2018年7月.

  16.  J. Puebla, O. D. Pozo-Zamudio, A. Krysa, R. Toro, A. M. Sanchez, R. Beanland, A.I. Tartakovskii, M. S. Skolnick, E. A. Chekhovich
    Magneto-optical spectroscopy of individual InAsxP1-x/Ga0.5In0.5P quantum dots: g-factors and dynamic nuclear polarization,
    The 7th CEMS Research Camp on Dynamics, 埼玉, 2018年7月.

  17.  M. Xu, J. Puebla, F. Auvray, B. Rana, K. Kondou, Y. Otani
    Inverse Edelstein effect induced by magnon–phonon coupling,
    The 7th CEMS Research Camp on Dynamics, 埼玉, 2018年7月.

  18.  肥後 友也
    トポロジカル反強磁性スピントロニクス:ワイル反強磁性体Mn3Snにおける巨大な電気・熱・光応答 (招待講演),
    日本磁気学会 第81回 ナノマグネティクス専門研究会, 東京大学, 2018年6月.

  19.  大谷 義近
    スピントロニクスにおけるスピン変換現象 (招待基調講演),
    ImPACT 佐橋プログラム 公開成果報告会, 東京, 2018年6月.

  20.  近藤 浩太, H. Tsai, J. Puebla, 大谷 義近
    金属/酸化物界面を用いたスピン流生成および検出 (招待講演),
    日本磁気学会 第80回ナノマグネティックス専門研究会, 東京大学, 2018年5月.

  21.  近藤 浩太
    バルク・界面における電荷-スピン相互変換現象の観測および定量評価 (招待講演),
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  22.  一色 弘成, P. K. Muduli, 軽部 修太郎, 近藤 浩太, 大谷 義近
    Cu/Bi2O3 界面のエデルシュタイン効果,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  23.  P.K. Muduli, T. Higo, T. Nishikawa, K. Kondou, S. Sugimoto, H. Isshiki, Y. Omori, D. Qu, S. Nakatsuji, Y. Otani
    Evaluation of spin diffusion length and spin Hall angle of antiferromagnetic Weyl semimetal Mn3Sn,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  24.  肥後 友也, 西川 尚, D. Qu, 大谷 義近, 中辻 知
    反強磁性ワイル金属薄膜における磁気・輸送特性,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  25.  杉本 聡志, 木俣 基, M. Ikhlas, 冨田 崇弘, 山根 結太, 中辻 知, 仲谷 栄伸, 大谷 義近
    カゴメ反強磁性体 Mn3Sn におけるスピントランスファートルクの観測,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  26.  F. Auvray, J. Puebla, M. Xu, Y. Otani
    Helicity dependent photovoltaic conversion at nonmagnetic interface with inversion asymmetry,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  27.  瀧澤 誓, 近藤 浩太, 一色 弘成, 下瀬 弘輝, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 大谷 義近
    分子-金属界面におけるスピン変換,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  28.  成田 秀樹, 肥後 友也, M. Ikhlas, 中辻 知, 大谷 義近
    カイラル反強磁性体 Mn3Sn における異常ネルンスト効果と磁区構造,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  29.  M. Xu, J. Puebla, F. Auvray, B. Rana, K. Kondou, Y. Otani
    Acoustic spin pumping at Rashba interfaces,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  30.  茂木 優樹, 金 俊延, 瀧澤 誓, 近藤 浩太, 下瀬 弘輝, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 一色 弘成, 大谷義近
    Cu/PbPc 界面における Edelstein 磁気抵抗効果の測定,
    日本物理学会 第73回年次大会, 東京理科大学, 2018年3月.

  31.  一色 弘成, P. K. Muduli, 軽部 修太郎, 金 俊延, 近藤 浩太, 大谷 義近
    金属/絶縁体界面の正・逆エデルシュタイン効果,
    平成29年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 京都大学, 2018年3月.

  32.  瀧澤 誓, 近藤 浩太, 一色 弘成, 下瀬 弘輝, 河辺 健志, 三輪 真嗣, 大谷 義近
    Spin-to-charge conversion at the surface of Cu thin film decorated with molecules,
    平成29年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 京都大学, 2018年3月.

  33.  T. Higo, H. Man, M. Ikhlas, T. Koretsune, M.-T. Suzuki, R. Arita, D. Gopman, Y. Kabanov, R. Shull, O. van't Erve, L. Wu, D. Rees, S. Patankar, J. Orenstein, Yufan Li, C.L. Chien, S. Nakatsuji,
    Magnetic octupole induced large magneto-optical Kerr effect in the antiferromagnetic Weyl metal Mn3Sn,
    J-Physics:多極子伝導系の物理 平成29年度領域全体会議, 東京大学, 2018年3月.

  34.  金 俊延, Y-T. Chen, 軽部 修太郎, 高橋 三郎, 近藤 浩太, 多々良 源, 大谷 義近
    界面-バルク効果に決められるエデルシュタイン磁気抵抗,
    第65回 応用物理学会 春季学術講演会, 早稲田大学, 2018年3月.

  35.  大谷 義近
    スピン変換素子における新機能の開拓,
    RIKEN-NIMS 第一回 マテリアルズイノベーションコア Workshop, 東京大学, 2018年1月.

  36.  近藤 浩太, 蔡 瀚陞,大谷 義近
    金属/酸化物界面におけるスピン-電荷相互変換,
    RIKEN-NIMS 第一回 マテリアルズイノベーションコア Workshop, 東京大学, 2018年1月.

  37.  B, Rana, Y. Fukuma, K. Miura, H. Takahashi, Y. Otani
    Excitation and channeling of spin waves by voltage-controlled magnetic anisotropy,
    RIKEN-NIMS 第一回 マテリアルズイノベーションコア Workshop, 東京大学, 2018年1月.

  38.  J, Puebla, F. Auvray, M. Xu, B. Rana, A. Albouy, H. Tsai, K. Kondou, G. Tatara, Y. Otani
    Direct optical observation of spin accumulation at nonmagnetic metal/oxide interface,
    RIKEN-NIMS 第一回 マテリアルズイノベーションコア Workshop, 東京大学, 2018年1月.

  39.  M. Xu, F. Auvray, J. Puebla, B. Rana, H. Tsai, K Kondou, Y. Otani
    音響スピンポンピングによる逆 Rashba-Edelstein 効果,
    RIKEN-NIMS 第一回 マテリアルズイノベーションコア Workshop, 東京大学, 2018年1月.

2017

  1.  近藤 浩太, 蔡 瀚陞, 大谷 義近
    金属/酸化物界面におけるスピン-電荷相互変換,
    理研-産総研 第三回 量子技術イノベーションンコア Workshop, 東京, 2017年11月.

  2.  B. Rana, Y. Fukuma, K. Miura, H. Takahashi, Y. Otani
    Excitation and channeling of spin waves by voltage-controlled magnetic anisotropy,
    理研-産総研 第三回 量子技術イノベーションンコア Workshop, 東京, 2017年11月.

  3.  J. Puebla, F, Auvray, M, Xu, B, Rana, A, Albouy, H, Tsai, K, Kondou, G, Tatara, Y. Otani
    Direct optical observation of spin accumulation at nonmagnetic metal/oxide interface,
    理研-産総研 第三回 量子技術イノベーションンコア Workshop, 東京, 2017年11月.

  4.  B. Rana, Y. Fukuma, K. Miura, H. Takahashi, Y. Otani
    Excitation and channeling of spin waves by voltage-controlled magnetic anisotropy,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  5.  J. Kim, Y-T. Chen, S. Karube, S. Takahashi, K. Kondou, G. Tatara, Y. Otani
    スピン緩和によるエデルシュタイン磁気抵抗への影響,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  6.  J. Puebla, F. Auvray, M. Xu, B. Rana, A. Albouy, H. Tsai, K. Kondou, G. Tatara, Y. Otani
    Direct optical observation of spin accumulation at nonmagnetic metal/oxide interface,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  7.  一色 弘成,P. K. Mudli,軽部 修太郎,金 俊延,近藤 浩太,大谷 義近
    Bi2O3/Cu界面のスピン流-電流相互変換,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  8.  P. K. Muduli, 肥後 友也, 近藤 浩太, 杉本 聡志, 一色 弘成, 大森 康智, 中辻 知, 大谷 義近
    Evaluation of spin diffusion length and spin Hall angle of antiferromagnetic Weyl semimetal Mn3Sn,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  9.  肥後 友也, H. Man, M. Ikhlas, 是常 隆, 鈴木 通人, 有田 亮太郎, D.B. Gopman, O.M.J.van't Erve, R.D. Shull, L. Wu, J. Orenstein, 中辻 知
    カイラル反強磁性体Mn3Snにおける磁気光学効果と磁気八極子ドメインの直接観測,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  10.  杉本 聡志, 木俣 基, M. Ikhlas, 冨田 崇弘, 中辻 知,大谷 義近
    反強磁性体壁の電気的操作,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  11.  瀧澤 誓, 近藤 浩太, 下瀬 弘輝, 三輪 真嗣, 一色 弘成, 大谷 義近
    分子/金属界面におけるスピン変換,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  12.  成田 秀樹, M. Ikhlas, 木俣 基, A.A. Nugroho, 中辻 知, 大谷 義近
    カイラル反強磁性体Mn3Sn における異常ネルンスト効果のサイズ効果,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  13.  H. Tsai, S. Karube, K. Kondou, F. Ishii, N. Yamaguchi, Y. Otani
    Clear variation of spin splitting by changing electron distribution at non-magnetic metal/Bi2O3 interfaces,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  14.  松本 健太, J.R. Massey, 近藤 浩太, 杉本 聡志, 大谷 義近, C.H. Marrows
    FeRh合金薄膜の垂直定在スピン波共鳴測定,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  15.  栗原 暢人, 矢治 光一郎, 一色 弘成, 軽部 修太郎, 飯盛 拓嗣, 近藤 浩太, 小森 文夫, 辛 埴, 大谷 義近
    Bi/Cu(111)界面におけるRashbaパラメータの酸素曝露の影響,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  16.  M. Xu, F. Auvray, J. Puebla, B. Rana, H. Tsai, K. Kondou, Y. Otani
    表面弾性波によるスピン流の発生,
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  17.  H. Kim, S. Karube, J. Kim, K. Kondou, Y. Otani
    ラシュバ―エデルシュタイン効果による異常ホール効果の制御
    第11回物性科学領域横断研究会, 東京大学, 2017年11月.

  18.  J. Puebla, F. Auvray, M. Xu, B. Rana, A. Albouy, H. Tsai, K. Kondou, G. Tatara, Y. Otani
    Optical detection of spin accumulation at nonmagnetic/oxide interface with spin orbit interaction (招待講演),
    第5回豊田理研ワークショップ スピン秩序の動的光制御, 名古屋, 2017年10月.

  19.  F. Auvray, M. Xu, J. Puebla, Y. Otani
    Helicity dependence of photovoltaic conversion in Cu/Bi2O3,
    第5回豊田理研ワークショップ スピン秩序の動的光制御, 名古屋, 2017年10月.

  20.  近藤 浩太
    材料界面を用いたスピン流生成と磁化制御 (招待講演),
    電子情報通信学会 磁気記録・情報ストレージ研究会, 柏崎, 2017年10月.

  21.  近藤 浩太, 大谷 義近
    透明電極界面を用いたスピン流生成,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  22.  P. K. Muduli, 肥後 友也, 近藤 浩太, 杉本 聡志, 一色 弘成, 大森 康智, 中辻 知, 大谷 義近
    Evaluation of spin diffusion length and spin Hall angle of antiferromagnetic Weyl semimetal Mn3Sn,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  23.  杉本 聡志, 木俣 基, I. Muhammad, 冨田 崇弘, 中辻 知, 大谷 義近
    反強磁性体Mn3Snにおける局在スピンの電気的操作,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  24.  大森 康智, E. Sagasta, M. Gradhand, L. Hueso, 新見 康洋, F. Casanova, 大谷 義近
    強磁性体におけるスピンホール効果の磁化依存性,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  25.  F. Auvray, M. Xu, J. Puebla, Y. Otani
    Energy dependence of circular photogalvanic effect in Cu/Bi2O3,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  26.  松本 健太, J. R. Massey, 近藤 浩太, 杉本 聡志, 大谷 義近, C. H. Marrows
    FeRh合金薄膜の垂直定在スピン波共鳴測定,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  27.  M. Xu, F. Auvray, J. Puebla, B. Rana, H. Tsai, K. Kondou, Y. Otani
    Generation of spin currents by surface acoustic waves,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  28.  茂木 優樹, 瀧澤 誓, 木俣 基, 大谷 義近
    有機導体を用いた面内スピンバルブ構造の作製,
    日本物理学会2017年秋季大会, 岩手大学, 2017年9月.

  29.  F. Auvray, M. Xu, J. Puebla, Y. Otani
    Energy dependence of circular photogalvanic effect in Cu/Bi2O3,
    平成29年度スピン変換研究会, 大阪大学, 2017年9月.

  30.  M. Xu, F. Auvray, J. Puebla, B. Rana, H. Tsai, K. Kondou, Y. Otani
    Generation of spin currents by surface acoustic waves,
    平成29年度スピン変換研究会, 大阪大学, 2017年9月.

  31.  近藤 浩太
    界面におけるスピン分裂を用いた電荷 - スピン変換 (招待講演),
    第78回 応用物理学会秋季学術講演会, 福岡, 2017年9月.

  32.  B. Rana, Y. Fukuma, K. Miura, H. Takahashi, Y. Otani
    Excitation and manipulation of spin waves by voltage-controlled magnetic anisotropy,
    The 5th CEMS Research Camp on Photon and Material, 熊谷, 2017年7月.

  33.  J. Puebla, F. Auvray, M. Xu, B. Rana, A. Albouy, H. Tsai, K. Kondou, G. Tatara, Y. Otani
    Direct optical observation of spin accumulation at nonmagnetic metal/oxide interface,
    The 5th CEMS Research Camp on Photon and Material, 熊谷, 2017年7月.

  34.  F. Auvray, J. Puebla, M. Xu, Y. Otani
    Circular photogalvanic effect at the interface of copper and Bi2O3,
    The 5th CEMS Research Camp on Photon and Material, 熊谷, 2017年7月.

  35.  近藤 浩太
    界面・表面の特異な電子状態を用いた電荷-スピン変換現象 (招待講演),
    日本磁気学会 第76回ナノマグネティックス専門研究会, 日本大学, 2017年6月.

  36.  近藤 浩太
    表面・界面を利用したスピン流生成と検出 (招待講演),
    第2回 ナノスケール磁性体年次大会, 東京, 2017年4月.

  37.  J. Puebla, F. Auvray, A. Albouy, M. Xu, Y. Otani
    Direct optical observation of uniform in-plane spin accumulation due to Edelstein effect at nonmagnetic metal/oxide interface,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  38.  一色 弘成, P. K. Muduli, 軽部 修太郎, 近藤 浩太, 大谷 義近
    Cu/Bi2O3界面での電流 スピン流相互変換,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  39.  軽部 修太郎, 近藤 浩太, P. Laczkowski, J. -M. George, A. Fert, 大谷 義近
    強磁性金属/非磁性金属/ビスマス酸化物三層膜における異常ホール効果の観測,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  40.  F. Auvray, J. Puebla, A. Albouy, Y. Otani
    Spin Photogalvanic effect in non-metal/Insulator interface,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  41.  成田 秀樹, M. Ikhlas, 木俣 基, 中辻 知, 大谷 義近
    微細素子化したカイラル反強磁性体における異常ネルンスト効果,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  42.  H. Tsai, 軽部 修太郎, 近藤 浩太, 大谷 義近
    Materials dependence of spin-to-charge current conversion at non-magnetic metal/oxide interfaces,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  43.  栗原 暢人, 矢治 光一郎, 木俣 基, 一色 弘成, 軽部 修太郎, 小森 文夫, 辛 埴, 大谷 義近
    Bi/Cu(111)界面におけるRashbaパラメータの酸素曝露の影響,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  44.  于 秀珍, 関 真一郎, 久保田 将司, 中村 優男, 長谷川 徳信, 大谷 義近, 川崎 雅司, 十倉 好紀
    絶縁体中の温度勾配によるスキルミオンの駆動の直接観察,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  45.  安田 憲司, 塚崎 敦, 吉見 龍太郎, 近藤 浩太, 高橋 圭, 大谷 義近, 川崎 雅司, 十倉好紀
    磁性トポロジカル絶縁体における電流誘起磁化反転と高調波ホール電圧,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  46.  冨田 崇弘, M. Ikhlas, 志村 恭通, 西川 尚, 中辻 知, 大谷 義近
    カイラル反強磁性体Mn3X (X=Sn, Ge)の強磁場回転磁気抵抗測定,
    日本物理学会 第72回年次大会, 大阪大学, 2017年3月.

  47.  一色 弘成, P. K. Muduli, 軽部 修太郎, 金 俊延, 近藤 浩太, 大谷 義近
    Spin-charge currents interconversion at Cu/Bi2O3 interface,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  48.  P. K. Muduli, 木俣 基, 大森 康智, 若村 太郎, 大谷 義近
    Role of interfacial exchange field in the spin-current modulation with ferromagnetic insulator,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  49.  杉本 聡志, 木俣 基, 冨田 崇弘, M. Ikhlas, 中辻 知, 大谷 義近
    Antisymmetric magnetoresistance via domain wall propagations in a non-collinear antiferromagnetic wire,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  50.  軽部 修太郎, 近藤 浩太, P. Laczkowski, J.-M, George, A. Fert, 大谷 義近
    Observation of additional interfacial contribution to anomalous Hall effect in ferromagnetic metal/non-magnetic metal/Bismuth oxide trilayer films,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  51.  大森 康智, E. Sagasta, M. Gradhand, 新見 康洋, L.E. Hueso, F. Casanova, 大谷 義近
    Comparison between AHE and SHE in ferromagnetic metals,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  52.  F. Auvray, J. Puebla, M. Xu, B. Rana, A. Albouy, 近藤 浩太, 多々良 源, 大谷 義近
    Magneto optical interaction at the interface between nonmagnetic metal and oxide,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  53.  H. Tsai, 軽部 修太郎, 近藤 浩太, 大谷 義近
    Materials dependence of spin-to-charge current conversion at non-magnetic metal/oxide interfaces,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  54.  成田 秀樹, M. Ikhlas, 木俣 基, A. A. Nugroho, 中辻 知, 大谷 義近
    Anomalous Nernst effect in a microfabricated device made of chiral antiferromagnet,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  55.  松本 健太, 木俣 基, 谷内 敏之, S. Shin, R.C. Temple, C. H. Marrows, 大谷 義近
    Electrical detection of antiferromagnetic-ferromagnetic phase transition in Pd-doped FeRh alloy,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  56.  内田 悠介, 木俣 基, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    Size effect in electrical transport properties of microfabricated NiS2,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  57.  栗原 暢人, 矢治 光一郎, 一色 弘成, 軽部 修太郎, 近藤 浩太, 飯盛 拓嗣, 小森 文夫, S. Shin, 大谷 義近
    Influence of oxygen exposure on Rashba parameter of Bi/Cu(111) interfaces,
    平成28年度 「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東京工業大学, 2017年3月.

  58.  近藤 浩太
    界面スピン分裂を利用した電荷-スピンの相互変換現象 (招待講演),
    第5回 酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会「異分野融合による酸化物及び関連物質の新機能開発」, 東北大学, 2017年1月.

2016

  1.  大谷 義近
    ラシュバ界面およびトポロジカル絶縁体表面状態を利用したスピン流・電流相互変換 -実験と理論- (招待講演),
    第10回物性科学領域横断研究会, 神戸大学, 2016年12月.

  2.  近藤 浩太
    界面におけるスピン分裂を利用した電荷-スピン変換 (招待講演),
    第10回物性科学領域横断研究会, 神戸大学, 2016年12月.

  3.  R. Bivas, Y. Fukuma, K. Miura, H. Takahashi, Y. Otani
    Detection of voltage excited spin wave by pico-second time-resolved Kerr microscope,
    第77回 応用物理学会秋季学術講演会, 新潟, 2016年9月.

  4.  木俣 基, 大森 康智, 吉田 拓, 内田 悠介, M. Ikhlas, 清原 直樹, 中辻 知, 大谷 義近
    カイラル反強磁性体 Mn3Sn の異常ホール効果に誘起されるスピン蓄積,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  5.  J. Kim, S. Karube, Y-T. Chen, K. Kondou, G. Tatara, Y. Otani
    Magnetoresistance induced by Edelstein effect at Bi2O3/Cu interface,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  6.  大森 康智, E. Sagasta, M. Isasa, M. Gradhand, L. Hueso, 新見 康洋, F. Casanova, 大谷 義近
    白金におけるスピンホール効果の抵抗率依存性,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  7.  瀧澤 誓, 大森 康智, 木俣 基, 大谷 義近
    導電性有機薄膜への電気的スピン注入,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  8.  成田 秀樹, 吉川 貴史, M. Ikhlas, 木俣 基, 内田 健一, 齋藤 英治, 中辻 知, 大谷 義近
    カイラル反強磁性体における異常ネルンスト効果,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  9.  H. Tsai, K. Kondou, S. Karube, Y. Otani
    Materials dependence of spin-to-charge current conversion at non-magnetic metal/Bi2O3 interface,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  10.  松本 健太, 木俣 基, R. C. Temple, C. H. Marrows, 谷内 敏之, S. Shin, 大谷 義近
    Pd 添加 FeRh 合金薄膜の作製と物性評価,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  11.  内田 悠介, 木俣 基, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    反強磁性体 NiS2の微細化に伴う電気伝導物性のサイズ効果,
    日本物理学会2016年秋季大会, 金沢大学, 2016年9月.

  12.  近藤 浩太
    スピン分裂した表面および界面状態を用いた電流-スピン流変換現象の観測 (招待講演),
    平成28年度 第1回ATIスピントロニクス研究会, 東京, 2016年6月.

  13.  木俣 基, 大森 康智, 内田 悠介, 清原 直樹, M. Ikhlas, 中辻 知, 大谷 義近
    Spin conversion using single crystalline materials,
    スピン変換 A01班内研究会, 九州大学, 2016年4月.

  14.  近藤 浩太
    Charge-spin current conversion in surface and interface states,
    スピン変換 A01班内研究会, 九州大学, 2016年4月.

  15.  長谷川 徳信, 近藤 浩太, 大谷 義近
    Spin pumping due to spin wave modes in a magnetic vortex,
    スピン変換 A01班内研究会, 九州大学, 2016年4月.

  16.  大森 康智, E. Sagasta, M. Isasa, M. Gradhand, L. Hueso, Y. Niimi, F. Casanova, 大谷 義近
    Tuning the spin Hall effect of Pt from the moderately dirty to the superclean regime,
    スピン変換 A01班内研究会, 九州大学, 2016年4月.

  17.  内田 悠介, 木俣 基, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    Size effect in electrical transport properties of a micro fabricated NiS2 single crystal,
    スピン変換 A01班内研究会, 九州大学, 2016年4月.

  18.  近藤 浩太
    Charge to spin current conversion in surface state of topological insulator (招待講演),
    "Nano Spin Conversion Science" Workshop in Kansai for Young Researchers, 大阪大学, 2016年4月.

  19.  木俣 基, 内田 悠介, 瀧澤 誓, 清原 直樹, M. Ikhlas, 中辻 知, 大谷 義近
    バルク単結晶を用いたスピン注入素子の作製,
    日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月.

  20.  近藤 浩太, 吉見 龍太郎, 塚崎 敦, 福間 康裕, 松野 丈夫, 高橋 圭, 川崎 雅司, 十倉 好紀, 大谷 義近
    トポロジカル絶縁体表面における電流 スピン流変換現象の観測,
    日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月.

  21.  瀧澤 誓, 木俣 基, 新見 康洋, 大谷 義近
    CuIr希薄合金のスピンミキシング伝導度,
    日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月.

  22.  松本 健太, 木俣 基, 谷内 敏之, 辛 埴, R. Temple, C.H. Marrows, 大谷 義近
    微細化したFeRh合金薄膜の磁気構造と伝導特性,
    日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月.

  23.  内田 悠介, 木俣 基, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    フラストレートした反強磁性体 NiS2 における電気伝導物性のサイズ効果,
    日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月.

  24.  栗原 貴之, 渡邊 浩, 軽部 修太郎, 音 賢一, 大谷 義近, 中嶋 誠, 末元 徹
    ErFeO3 のTHz誘起スピン再配列相転移初期過程におけるドメイン生成メカニズム,
    日本物理学会第71回年次大会, 東北学院大学, 2016年3月.

  25.  金 俊延, 軽部 修太郎, 大谷 義近
    Resistance modulation by Rashba-Edelstein-like interfacial effect in CoFe/Cu/BiO films,
    第63回応用物理学会春季学術講演会, 東京工業大学, 2016年3月.

  26.  近藤 浩太
    トポロジカル絶縁体の表面状態を用いた電流-スピン流変換 (招待講演),
    日本学術振興会「先端ナノデバイス・材料テクノロジー第151委員会」平成27年度 第5回研究会「トポロジカル材料の物理と応用」, 理研, 2016年2月.

  27.  木俣 基, 辺土 正人, 赤嶺 拡, 安次富 洋介, 大森 康智, 瀧澤 誓, 仲間 隆男, 大貫 惇睦, 大谷 義近
    Anisotropic anomalous Hall effect in non-centrosymmetric EuNiGe3,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  28.  近藤 浩太, 吉見 龍太郎, 塚崎 敦, 福間 康裕, 松野 丈夫,高橋 圭, 川﨑 雅司, 十倉 好紀, 大谷 義近
    Fermi level dependent charge-to-spin current conversion by Dirac surface state of topological insulators,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  29.  金 俊延, 軽部 修太郎, 大谷 義近
    Magnetoresistance induced by Rashba-Edelstein-like interfacial effect,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  30.  P. K. Muduli, 木俣 基, 大森 康智, 若村 太郎, 松本 健太, 瀧澤 誓, F. Auvray, 内田 悠介, 許 明然, 大谷 義近
    Spin-polarized current creation through spin-filter tunneling,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  31.  軽部 修太郎, 井土 宏, 近藤 浩太, 福間 康裕, 大谷 義近
    Observation of enhanced spin relaxation at non-magnetic metal/Bi2O3 interface,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  32.  内田 悠介, 木俣 基, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    Size effect in electrical transport properties of a frustrated antiferromagnet,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  33.  松本 健太, 木俣 基, 谷内 敏之, 辛 埴, R. Temple, C. H. Marrows, 大谷 義近
    Electrical transport properties of micro fabricated FeRh films,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

  34.  許 明然, F. Auvray, J. Puebla, 大谷 義近
    Preliminary study of the main parameters of a surface acoustic wave device for future application as efficient spin current generator,
    平成27年度「ナノスピン変換科学」年次報告会, 東北大学, 2016年1月.

2015

  1. 穴見 陵, ラナ ビヴァス, 近藤 浩太, 山田 将貴, 三浦 勝哉, 小川 晋, 高橋 宏昌, 大谷 義近, 福間 康裕
    強磁性共鳴を用いたCoFeB/MgO界面磁気異方性の評価,
    第76回 応用物理学会秋季学術講演会, 名古屋市, 2015年9月.

  2.  大谷 義近
    グラフェン素子を用いたスピン緩和時間測定結果の再考察,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  3.  木俣 基, 大森 康智, 瀧澤 誓, 赤嶺 拡, 安次富 洋介, 辺土 正人, 仲間 隆男, 大貫 惇睦, 大谷 義近
    EuNiGe3における異方的異常ホール効果,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  4.  近藤 浩太, 中村 優男, 井土 宏, 松野 丈夫, 福間 康裕, 川崎 雅司, 十倉 好紀, 大谷 義近
    Mn系酸化物を用いたスピン流生成,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  5.  軽部 修太郎, 井土 宏, 近藤 浩太, 福間 康裕, 大谷 義近
    非磁性体/Bi
    2O3界面における巨大スピン緩和の観測,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  6.  長谷川 徳信, 近藤 浩太, 大谷 義近
    垂直磁場を用いた磁気渦スピン波モードの不連続変調,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  7.  大森 康智, 新見 康洋, 大谷 義近
    3d遷移金属強磁性体のスピンホール効果II,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  8.  松本 健太, 木俣 基, 谷内 敏之, 辛 埴, R. Temple, C. H. Marrows, 大谷 義近
    微細化したFeRh合金薄膜の磁気相転移点近傍における電気伝導特性,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  9.  内田 悠介, 木俣 基, 肥後 友也, 中辻 知, 大谷 義近
    非共面スピン構造を有する反強磁性体における電気伝導物性のサイズ効果,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  10.  関 真一郎, 岡村 嘉大, 近藤 浩太, 柴田 基洋, 久保田 将司, 高木 里奈, 賀川 史敬, 川崎 雅司, 多々良 源, 大谷 義近, 十倉 好紀
    キラルな強磁性絶縁体Cu2OSeO3におけるスピン波スピン流の非相反伝播特性,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  11.  高木 里奈, 関 真一郎, 岡村 嘉大, 近藤 浩太, 金澤 直也, 森川 大輔, 柴田 基洋, 吉川 明子, 多々良 源, 大谷 義近, 十倉 好紀
    キラルな強磁性金属B20合金におけるスピン波スピン流の非相反伝搬特性,
    日本物理学会 2015年秋季大会, 関西大学, 2015年9月.

  12.  大谷 義近
    科学研究費補助金 新学術領域「ナノスピン変換科学」で目指すもの (招待講演),
    日本磁気学会 第203回研究会 大型プロジェクトによる磁気・スピン新機能デバイス研究開発の最前線, 日本大学, 2015年7月.

  13.  近藤 浩太, 新見 康洋, 福間 康裕, 介川 裕章, 葛西 伸哉, 三谷 誠司, 大谷 義近
    スピントルク強磁性共鳴法によるスピンホール角とスピン拡散長の相関関係の計測 (招待講演),
    日本磁気学会第201回研究会/第53回スピンエレクトロニクス専門研究会, 中央大学, 2015年3月.

  14.  木俣 基, 新見 康洋, 大谷 義近
    伝導電子スピン流の電子スピン共鳴,
    日本物理学会第70回年次大会, 早稲田大学, 2015年3月.

  15.  長谷川 徳信, 近藤 浩太, 大谷 義近
    異種強磁性へテロ構造におけるスピンポンピング,
    日本物理学会第70回年次大会, 早稲田大学, 2015年3月.

  16.  軽部 修太郎, 近藤 浩太, 福間 康裕, 大谷 義近
    非磁性金属(Ag,Cu)/Bi2O3界面誘起スピン流 - 電流変換のBi2O3膜厚依存性,
    日本物理学会第70回年次大会, 早稲田大学, 2015年3月.

  17.  大森 康智, 新見 康洋, 大谷 義近
    3d遷移金属強磁性体のスピンホール効果,
    日本物理学会第70回年次大会, 早稲田大学, 2015年3月.

  18.  瀧澤 誓, 木俣 基, 新見 康洋, 大谷 義近
    スピンポンピング法によるCuIr希薄合金の逆スピンホール効果測定,
    日本物理学会第70回年次大会, 早稲田大学, 2015年3月.

  19.  大谷 義近
    ナノスピン変換科学研究で目指すもの (招待講演),
    2015年第62回応用物理学会春季学術講演会, 東海大学, 2015年3月.

  20.  木俣 基, 野崎 大輔, 新見 康洋, 田島 裕之, 大谷 義近
    導伝性高分子膜におけるスピン伝導と緩和 (招待講演),
    平成26年度 スピン変換 年次報告会, 京都大学, 2015年3月.

  21.  若村 太郎, 赤池 宏之, 大森 康智, 新見 康洋, 高橋 三郎, 藤巻 朗, 前川 禎通, 大谷 義近
    超伝導体における準粒子に起因するスピンホール効果の観測,
    平成26年度 スピン変換 年次報告会, 京都大学, 2015年3月.

  22.  軽部 修太郎, 近藤浩太, 福間 康裕, 大谷 義近
    非磁性体/Bi2O3界面誘起スピン流 - 電流変換のBi2O3膜厚依存性,
    平成26年度 スピン変換 年次報告会, 京都大学, 2015年3月.

  23.  長谷川 徳信, 杉本 聡志, 大谷 義近
    静磁連結した磁気渦対における旋回モードの増幅効果,
    平成26年度 スピン変換 年次報告会, 京都大学, 2015年3月.

  24.  大森 康智, 新見 康洋, 大谷 義近
    3d 遷移金属強磁性体のスピンホール効果,
    平成26年度 スピン変換 年次報告会, 京都大学, 2015年3月.

  25.  瀧澤 誓, 大森 康智, 若村 太郎, 木俣 基, 新見 康洋, 大谷 義近
    スピンポンピングによる CuIr 希薄合金の逆スピンホール効果測定,
    平成26年度 スピン変換 年次報告会, 京都大学, 2015年3月.

2014

  1.  大谷 義近
    領域レビュー : ナノスピン変換科学,
    第8回 物性科学領域横断研究会(領域合同研究会), 大阪大学, 2014年11月.

  2.  大谷 義近
    金属ナノ構造を用いたスピン変換物性 (招待講演) ,
    理研-東大-阪大ジョイントセミナー 創発物質科学と未来開拓, 大阪大学, 2014年10月.

  3.  新見 康洋, 大谷 義近
    Spin Hall effects and spin relaxation in metallic systems (招待講演) ,
    半導体量子効果と量子情報の夏期研修会, 那須, 2014年9月.

  4.  新見 康洋, 大谷 義近
    異常ホール効果を用いた銅合金のスピンホール角の評価,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  5.  木俣 基, 野崎 大輔, 新見 康洋, 大谷 義近, 田島 裕之
    導電性高分子膜におけるスピン緩和,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  6.  若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    奇数波スピン三重項超伝導体のスピントロニクスへの応用の試み,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  7.  軽部 修太郎, 近藤 浩太, 福間 康裕, 大谷 義近
    非磁性体/ビスマス酸化物界面誘起スピン流-電流変換の観測,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  8.  長谷川 徳信, 杉本 聡志, 大谷 義近
    静磁連結した磁気渦対における、旋回モードの増幅効果,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  9.  大森 康智, 新見 康洋, 大谷 義近
    強磁性体パーマロイのスピンホール効果,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  10.  瀧澤 誓, 大森 康智, 若村 太郎, 新見 康洋, 木俣 基, 大谷 義近
    反強磁性体におけるスピンホール効果,
    日本物理学会 2014年秋季大会, 中部大学, 2014年9月.

  11.  大谷 義近
    Nano-scale spin conversion science,
    第38回日本磁気学会学術講演会, 慶應義塾大学, 2014年9月.

  12.  近藤 浩太, 新見 康洋, 大谷 義近
    NiFe/Cu/Pt三層膜におけるスピントルク強磁性共鳴を用いたPtのスピン拡散長測定,
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月.

  13.  井土 宏, 福間 康裕, 近藤 浩太, 木俣 基, 大谷 義近
    EuSGd細線におけるスピン(異常)ホール効果の温度依存性,
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月.

  14.  若村 太郎, 長谷川 徳信, 新見 康洋, 大谷 義近
    準粒子励起を用いた超伝導Nbへのスピン注入II,
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月.

  15.  軽部 修太郎, 近藤 浩太, 井土 宏, 新見 康洋, 福間 康裕, 大谷 義近
    Ag/Bi2O3界面誘起スピン流 電流変換の観測,
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月.

  16.  大森 康智, Florent Auvray, 若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    閉回路における逆スピンホール効果,
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月.

  17.  小林 正和, 谷内 敏之, 井土 宏, Alain Marty, 大谷 義近, 辛 埴
    強磁性-反強磁性転移を有するFeRh薄膜の磁気異方性,
    日本物理学会第69回年次大会, 東海大学, 2014年3月.

  18.  新見 康洋, 加藤 岳生, 大谷 義近
    弱反局在で観るスピン拡散現象 (招待講演),
    第61回応用物理学会春季学術講演会, 青山学院大学, 2014年3月.

  19.  大谷 義近
    巨大外因性スピンホール効果 (招待講演),
    平成25年度第2回 九州工業大学テニュアトラックシンポジウム 身近な排熱の有効活用に向けて~磁気流を用いた新しい熱電発電の可能性~, 北九州市, 2014年3月.

2013

  1.  新見 康洋, 鈴木 裕, 川西 庸平, 大谷 義近
    面内スピンバルブ構造を用いたスピンホール効果の測定と3次元解析,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  2.  木俣 基, 野崎 大輔, 新見 康洋, 大谷 義近, 田島 裕之
    スピンポンピングによる導電性高分子膜へのスピン注入,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  3.  近藤 浩太, 新見 康洋, 葛西 伸哉, 大谷 義近
    スピントルク強磁性共鳴を用いたCuIr合金の動的スピンホール角測定,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  4.  若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    超伝導Nbにおけるスピンホール効果検出の試み,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  5.  軽部 修太郎, 井土 宏, 福間 康裕, 大谷 義近
    面内スピンバルブにおける純スピン流緩和のゲート変調の試み,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  6.  長谷川 徳信, 藤森 啓晃, 杉本 聡志, 新見 康洋, 大谷 義近
    磁気渦の一次元鎖における集合ダイナミクスの電気的検出,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  7.  野崎 大輔, 木俣 基, 新見 康洋, 大谷 義近, 田島 裕之
    分子性薄膜における横型スピンポンピングの試み,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  8.  大森 康智, 若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    環状構造における逆スピンホール効果,
    日本物理学会 2013年秋季大会, 徳島大学, 2013年9月.

  9.  若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    準粒子励起を用いた超伝導Nbへのスピン注入,
    第37回 日本磁気学会学術講演会, 北海道大学 2013年9月.

  10.  長谷川 徳信, 杉本 聡志, 新見 康洋, 大谷 義近
    三隣接した磁気渦鎖における集合ダイナミクスの電気的検出,
    第37回 日本磁気学会学術講演会, 北海道大学, 2013年9月.

  11.  福間 康裕, 杉本 聡志, 藤森 啓晃, 長谷川 徳信, 新見 康洋, 大谷 義近
    磁気渦対を用いた人工磁気分子の創製とそのマグノニック結晶応用,
    電気学会 第10回フォト・スピントロニクス技術調査専門委員会 日本磁気学会光機能性デバイス・材料専門研究会 共催 2013年5月.

  12.  新見 康洋, 大谷 義近
    Giant spin Hall effect induced by small impurities in copper,
    名古屋大学 藤巻研究室 セミナー, 名古屋大学, 2013年4月.

  13.  若村 太郎, 大谷 義近
    超伝導体を用いたスピントロニクス研究と今後の展開,
    名古屋大学 藤巻研究室 セミナー, 名古屋大学, 2013年4月.

  14.  新見 康洋, 魏 大海, B. Gu, T. Ziman, 前川 禎通, 大谷 義近
    逆スピンホール効果を用いた高次磁化率の測定,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  15.  近藤 浩太, 介川 裕章,三谷 誠司,葛西 伸哉, 大谷 義近
    低温におけるスピントルク強磁性共鳴測定,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  16.  O. Rousseau, 福間 康裕, 大谷 義近
    Spin waves propagation and confinement,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  17.  井土 宏, 福間 康裕, 高橋 三郎, 前川 禎通, 大谷 義近
    純スピン流の拡散速度に対するスピン吸収の影響,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  18.  杉本 聡志, 藤森 啓晃, 長谷川 徳信, 新見 康洋, 福間 康裕, 大谷 義近
    静磁結合した連結磁気渦の集団ダイナミクスの電気的操作,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  19.  若村 太郎, 新見 康洋,大谷 義近
    熱的電子励起を用いた超伝導体Nbへのスピン偏極準粒子注入とギャップ効果 ,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  20.  軽部 修太郎, 井土 宏, 福間 康裕, 大谷 義近
    非磁性銀細線中のスピン緩和に対する酸化ハフニウム表面保護層の影響,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  21.  長谷川 徳信, 藤森 啓晃, 杉本 聡志, 新見 康洋, 大谷 義近
    三隣接した磁気渦鎖における集合ダイナミクスの電気的検出,
    日本物理学会第68回年次大会, 広島大学, 2013年3月.

  22.  新見 康洋, 魏 大海, B. Gu, T. Ziman, 前川 禎通, 大谷 義近
    Detection of non-linear spin fluctuations via inverse spin Hall effect(招待講演),
    新世代研究所 スピントロニクス研究会, 東京, 2013年2月.

  23.  井土 宏, 福間 康裕, 大谷 義近
    Hanle velocimetry of diffusive spins in metallic lateral spin valves: experimental aspects(招待講演),
    新世代研究所 スピントロニクス研究会, 東京, 2013年2月.

2012

  1.  新見 康洋, 大谷 義近
    Giant spin Hall effect induced by small impurities in copper,
    NTT物性基礎研究所 セミナー, 厚木, 2012年11月.

  2.  井土 宏, 福間 康裕, 軽部 修太郎, 大谷 義近
    面内スピンバルブ構造によるスピン流の生成と検出(招待講演),
    The international Disk Drive Equipment and Materials Association(IDEMA JAPAN) ヘッドディスク部会, 東京, 2012年11月.

  3.  新見 康洋, 魏 大海, 井土 宏, 大谷 義近
    弱局在効果を用いたスピン拡散長の決定,
    日本物理学会 2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月.

  4.  若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    熱励起された準粒子による超伝導体Nbへのスピン流注入,
    日本物理学会 2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月.

  5.  鈴木 裕, 新見 康洋, 大谷 義近
    鉛添加による外因性スピンホール効果の膜厚依存性,
    日本物理学会 2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月.

  6.  藤森 啓晃, 杉本 聡志, 新見 康洋, 葛西 伸哉, 大谷 義近
    静磁結合した磁気渦対の集団励起とその相対位相の関係2,
    日本物理学会 2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月.

  7.  長谷川 徳信, 藤森 啓晃, 杉本 聡志, 新見 康洋, 葛西 伸哉, 大谷 義近
    隣接した磁気渦対における倍周期モードの実験的観測,
    日本物理学会 2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月.

  8.  軽部 修太郎, 井土 宏, 福間 康裕, 大谷 義近
    面内スピンバルブ構造CoFe/MgO/Agにおけるスピン蓄積効果,
    日本物理学会 2012年秋季大会, 横浜国立大学, 2012年9月.

  9.  新見 康洋, 大谷 義近
    Giant spin Hall effect induced by skew scattering on Bi impurities in Cu,
    ASRC-JAEAセミナー, 日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター, 2012年6月.

  10.  福間 康裕, 井土 宏, 大谷 義近
    非磁性金属細線中のスピン緩和(招待講演),
    日本磁気学会 第183回研究会・第39回スピンエレクトロニクス専門研究会, 中央大学, 2012年3月.

  11. 大谷 義近
    はじめに Introduction,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  12.  D. Wei, 新見 康洋, 大谷 義近
    Extrinsic spin Hall effect in Ni-Pd,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  13.  大西 紘平, 若村 太郎, 新見 康洋, 大谷 義近
    超伝導転移に伴う純スピン流吸収の抑制,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  14.  杉本 聡志, 福間 康裕, 大谷 義近
    静磁結合した磁気渦格子系ダイナミクスの実時間観測,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  15.  井土 宏, 福間 康裕, 大谷 義近
    面内スピンバルブ構造におけるスピン歳差運動のコヒーレンス,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  16.  若村 太郎, 大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    超伝導体/常伝導体接合におけるスピンホール効果増幅の試み,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  17.  川西 庸平, 新見 康洋, 大谷 義近
    ビスマス添加による外因性スピンホール効果II,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  18.  鈴木 裕, 川西 庸平, 新見 康洋, 大谷 義近
    6p不純物準位の共鳴散乱による外因性スピンホール効果,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

  19.  藤森 啓晃, 杉本 聡志, 大西 紘平, 新見 康洋, 葛西 伸哉, 大谷 義近
    静磁結合した磁気渦対の集団運動励起と相対位相の関係,
    日本物理学会 第67回年次大会, 関西学院大学, 2012年3月.

2011

  1.  福間 康裕, 大谷 義近
    純スピン流やスピン蓄積を用いた新機能デバイスの創製に向けて(招待講演),
    IDEMA JAPAN 2011年度合同部会, 東京, 2011年12月.

  2.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    NiFe/MgO/Ag 接合を用いた面内スピンバルブ構造におけるスピン蓄積信号の増大(招待講演),
    第43回 ナノマグネティックス専門研究会, 新潟, 2011年10月.

  3.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    NiFe/MgO/Ag 面内スピンバルブにおけるスピン注入効率およびスピン緩和長の熱処理温度依存性,
    第35回 日本磁気学会学術講演会, 新潟, 2011年9月.

  4.  福間 康裕, 杉本 聡志, 大谷 義近
    カー効果を用いた磁気渦ダイナミクスの時間分解測定,
    第35回 日本磁気学会学術講演会, 新潟, 2011年9月.

  5.  杉本 聡志, 福間 康裕, 大谷 義近
    磁気ダイナミクスにおける静磁結合の効果,
    第35回 日本磁気学会学術講演会, 新潟, 2011年9月.

  6.  井土 宏, 福間 康裕, 王 楽, 高橋 三郎, 前川 禎通, 大谷 義近
    長距離拡散スピンの歳差運動の観測,
    第35回 日本磁気学会学術講演会, 新潟, 2011年9月.

  7.  福間 康裕, 井土 宏, 王 楽, 大谷 義近
    非磁性金属細線中のスピン緩和機構,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  8.  藤原 宏平, 福間 康裕, 松野 丈夫, 井土 宏, 大谷 義近, 高木 英典
    導電性イリジウム酸化物におけるスピンホール効果の検出,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  9.  新見 康洋, 川西 庸平, 魏 大海, 大谷 義近
    Cu合金における外因性スピンホール効果,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  10.  井土 宏, 福間 康裕, 王 楽, 大谷 義近
    面内スピンバルブ構造におけるスピン蓄積偏極ベクトルの歳差運動制御,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  11.  杉本 聡志, 福間 康裕, 葛西 伸哉, 大谷 義近
    2次元磁気渦格子系の集団コアダイナミクス,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  12.  川西 庸平, 新見 康弘, 大谷 義近
    ビスマス添加による巨大スピンホール効果の観測,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  13.  若村 太郎, 大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    巨大スピン蓄積の生成と超伝導状態制御,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  14.  鈴木 裕, 川西 庸平, 魏 大海, 新見 康洋, 大谷 義近
    フラストレートした系におけるスピンホール効果,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  15.  藤森 啓晃, 杉本 聡志, 新見 康洋, 大谷 義近
    隣接した磁気渦鎖における静磁結合の伝播,
    日本物理学会 2011年秋季大会, 富山大学, 2011年9月.

  16.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    NiFe/MgO/Ag面内スピンバルブにおける巨大スピン蓄積,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  17.  新見 康洋, 魏 大海, 大谷 義近
    軽元素を用いた外因性スピンホール効果,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  18.  D. Wei, Y. Niimi, Y. Otani
    Resonant enhancement of spin Hall effect induced by spin fluctuation,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  19.  大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    非局所スピン流注入による超伝導ギャップの制御,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  20.  杉本 聡志, 福間 康裕, 大谷 義近
    一次元磁気渦連結鎖のダイナミクス,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  21.  井土 宏, 福間 康裕, 王 楽, 大谷 義近
    Hanle効果によるスピン拡散挙動の解析,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  22.  若村 太郎, 大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    MgO界面層を有する面内スピンバルブ構造を用いた高効率スピン蓄積のジョセフソン臨界電流への影響,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  23.  川西 庸平, 新見 康洋, 大谷 義近
    ビスマス添加による外因性スピンホール効果,
    日本物理学会 第66回年次大会, 新潟大学, 2011年3月.

  24.  新見 康洋, 大谷 義近
    Ir添加による外因性スピンホール効果,
    文部科学省科学研究費助成金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」第3回若手研究交流会, 東北大学, 2011年2月.

  25.  大谷 義近, 福間 康裕, 井土 宏
    面内スピンバルブ素子における巨大スピン蓄積とハンル効果,
    文部科学省科学研究費助成金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成22年成果報告会, 東京大学, 2011年1月.

  26.  魏 大海, 大谷 義近
    Resonant enhancement of spin Hall effect induced by spin fluctuation,
    文部科学省科学研究費助成金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成22年成果報告会, 東京大学, 2011年1月.

  27.  大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    非局所スピン流注入による超伝導ギャップの制御,
    文部科学省科学研究費助成金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成22年成果報告会, 東京大学, 2011年1月.

2010

  1.  福間 康裕, 大谷 義近
    金属系面内スピンバルブにおける巨大スピン蓄積(招待講演),
    第15回 半導体スピン工学の基礎と応用 PASPS-15 半導体スピントロニクスの展開, つくば大学, 2010年12月.

  2.  福間 康裕, 大谷 義近
    金属ナノ構造におけるスピン注入とスピン蓄積,
    山口大学 研究推進体講演会, 山口大学, 2010年10月.

  3.  新見 康洋, 諸田 美砂子, 魏 大海, 川西 庸平, C. Deranlot, A. Fert, 大谷 義近
    外因性スピンホール効果の発現機構の探索,
    日本物理学会 平成22年度秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月.

  4.  大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    純スピン流注入による超伝導ギャップへの影響,
    日本物理学会 平成22年度秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月.

  5.  川西 庸平, 新見 康洋, 魏 大海, 大谷 義近
    ビスマス添加による外因性巨大スピンホール効果,
    日本物理学会 平成22年度秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月.

  6.  若村 太郎, 大西 紘平, 新見 康洋, 大谷 義近
    超伝導/常伝導/超伝導接合での非局所スピン注入による臨界電流変調,
    日本物理学会 平成22年度秋季大会, 大阪府立大学, 2010年9月.

  7.  藤原宏平, 福間 康裕, 松野 丈夫, 栗原 博道, 井土 宏, 大谷 義近, 高木 英典
    IrO2細線のスピンホール効果,
    2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会, 長崎大学, 2010年9月.

  8.  Jean Tarun, 雲 黄少, 福間 康裕, 井土 宏, 大谷 義近, 深田 直樹, 石橋 幸治, 小田 俊理
    Silicon nanowire-based lateral spin valve device,
    2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会, 長崎大学, 2010年9月.

  9.  大谷 義近, 福間 康裕, 井土 宏, 王 楽
    Spin transport in lateral spin valves consisting of Permalloy and various nonmagnetic metals(招待講演),
    第34回日本磁気学会学術講演会, つくば, 2010年9月.

  10.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    NiFe/MgO/Ag 面内スピンバルブ素子における巨大スピン蓄積,
    第34回日本磁気学会学術講演会, つくば, 2010年9月.

  11.  大谷 義近
    スピンの科学(招待講演),
    2010年度 日本物理学会 科学セミナー スピントロニクス-最先端の物理と技術-, 東京大学, 2010年8月.

  12.  新見 康洋, 大谷 義近
    Experimental evidence of intrinsic and extrinsic spin Hall effects,
    Discussion Meeting in Emergent Materials Department 1 "New Developments in Spintronics", 理研, 2010年8月.

  13.  新見 康洋, 諸田 美砂子, 魏 大海, Cyrile Deranlot, Albert Fert, 大谷 義近
    外因性スピンホール効果の発現機構の探索,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究会「スピン流の創出と制御」平成22年度研究会, 京都大学, 2010年6月.

  14.  杉本 聡志, 福間 康裕, 大谷 義近
    隣接磁気渦対の静磁結合による低周波モードの分裂,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究会「スピン流の創出と制御」平成22年度研究会, 京都大学, 2010年6月.

  15.  井土 宏, 福間 康裕, 王 楽, 大谷 義近
    面内スピンバルブによる軽元素Mgへのスピン注入,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究会「スピン流の創出と制御」平成22年度研究会, 京都大学, 2010年6月.

  16. 大谷 義近
    金属ナノ構造におけるスピン流誘起物性(招待講演),
    ナノ学会 第8回大会, 自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター, 2010年5月.

  17.  井土 宏, 王 楽, 福間 康裕, 大谷 義近
    Py/Ag面内スピンバルブ構造におけるスピン拡散長の温度依存性,
    日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  18.  諸田 美砂子, 新見 康洋, 木村 崇, 大谷 義近, Cyrile Deranlot, Albert Fert
    CuIr細線における外因的スピンホール効果Ⅱ,
    日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  19.  大西 紘平, 大谷 義近
    超伝導状態への純スピン流吸収効果における励起電流依存性,
    日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  20.  杉本 聡志, 福間 康裕, 大谷 義近
    電流誘起された磁気渦対の低周波モードの検出,
    日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  21.  七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    オーミック接合とトンネル接合から成る複合面内スピンバルブ素子におけるHanle効果,
    日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  22.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    スピン注入における強磁性体/非磁性体界面の影響,
    日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  23.  福間 康裕
    金属微細構造におけるスピン蓄積効果とスピン注入磁化反転,
    ナノサイエンス研究施設成果交流会, 理化学研究所, 2010年3月.

  24.  福間 康裕
    Benchtop time-resolved magnetic-optical Kerr magnetometer,
    ナノサイエンス研究施設成果交流会, 理化学研究所, 2010年3月.

  25.  王 楽
    Enhancement of the spin accumulation by controlling the interface,
    ナノサイエンス研究施設成果交流会, 理化学研究所, 2010年3月.

  26.  井土 宏
    Nonlocal spin injecton into the nano wire,
    ナノサイエンス研究施設成果交流会, 理化学研究所, 2010年3月.

  27.  大谷 義近
    新しいスピン生成・操作方法の探索,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成21年度成果報告会, 東京大学, 2010年1月.

  28.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    面内スピンバルブのスピン注入効率,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成21年度成果報告会, 東京大学, 2010年1月.

  29.  大西 紘平, 大谷 義近
    超伝導状態への純スピン流吸収効果における励起電流依存性,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成21年度成果報告会, 東京大学, 2010年1月.

2009

  1.  諸田 美砂子, 木村 崇, 大谷 義近, Cyrile Deranlot, Albert Fert
    CuIr細線における外因的スピンホール効果,
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月.

  2.  大西 紘平, 七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    超伝導細線におけるスピンホール効果,
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月.

  3.  坂田 裕美, 福間 康裕, 大谷 義近, Anjan Barman
    強磁性細線における磁化歳差運動のコヒーレント制御,
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月.

  4.  七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    面内スピンバルブにおけるHanle効果-強磁性端子材料依存性-,
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月.

  5.  井土 宏, 王 楽, 福間 康裕, 大谷 義近
    面内スピンバルブにおけるスピン蓄積/注入効率の強磁性端子膜厚依存性,
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月.

  6.  杉本 聡志, 福間 康裕, 大谷 義近
    静磁的に結合した磁気渦対のスピンダイナミクス,
    日本物理学会2009年秋季大会, 熊本大学, 2009年9月.

  7.  福間 康裕, 木村 崇, 大谷 義近, 赤羽 浩一, 目黒 栄
    ベンチトップ型時間分解力-効果測定装置により測定した微小磁性体の磁化ダイナミクス,
    第33回日本磁気学会, 長崎大学, 2009年9月.

  8.  王 楽, 井土 宏, 福間 康裕, 大谷 義近
    Influence of interface resistance on spin accumulation in lateral spin-valves,
    第33回日本磁気学会, 長崎大学, 2009年9月.

  9.  福間 康裕, 王 楽, 井土 宏, 大谷 義近
    高効率スピン蓄積の実現と電気的検出を目指して~金属中へのスピン注入・検出における界面抵抗の影響~,
    文部科学省研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成21年度研究会, 北海道大学, 2009年8月.

  10.  大西 紘平, 七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    超伝導細線におけるスピンホール効果,
    文部科学省研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成21年度研究会, 北海道大学, 2009年8月.

  11. 大谷 義近
    領域3若手奨励賞選考経過説明,
    日本物理学会第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月.

  12.  諸田 美砂子, 七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    非磁性金属のスピン緩和とスピンホール効果,
    日本物理学会第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月.

  13.  正木 博明, 坂田 裕美, 木村 崇, 大谷 義近
    非対称磁気円盤における磁気渦の静的,および動的特性,
    日本物理学会第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月.

  14.  坂田 裕美, 正木 博明, 木村 崇, 大谷 義近
    連結磁気円盤における磁気渦並進運動の電気的検出,
    日本物理学会第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月.

  15.  七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    面内スピンバルブにおけるHanle効果の接合抵抗依存性,
    日本物理学会第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月.

  16.  大谷 義近
    非局所スピンバルブにおける巨大スピン蓄積信号とスピン注入磁化反転,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成20年度成果報告会, 東北大学金属研究所, 2009年1月.

  17.  諸田 美砂子, 大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    遷移金属におけるスピンホール効果,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成20年度成果報告会, 東北大学金属研究所, 2009年1月.

  18.  七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    面内スピンバルブ素子におけるスピン吸収とHanle効果,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成20年度成果報告会, 東北大学金属研究所, 2009年1月.

2008

  1.  大谷 義近
    Spin current manipulation in metallic nano-structures(招待講演),
    日立スピントロニクスワークショップ, 日立中央研究所, 国分寺, 2008年11月.

  2.  大谷 義近
    スピン流を用いた物性制御(招待講演),
    第3回合同研究会「ナノ構造と電子のふるまい」, 長野, 2008年10月.

  3.  大谷 義近
    スピン流を用いた物性制御(招待講演),
    富士通セミナー, 長野, 2008年10月.

  4.  木村 崇, 大谷 義近
    スピン流関連現象の基礎と応用の展望(招待講演),
    平成20年度 第4回スピントロニクス技術分科会, 電子情報技術産業協会, 東京, 2008年10月.

  5.  木村 崇, 大谷 義近
    面内配列 強磁性/非磁性複合素子におけるスピン依存伝導(招待講演),
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  6.  諸田 美砂子, 木村 崇, 大谷 義近
    遷移金属におけるスピンホール効果の起源の実験的探索,
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  7.  大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    超伝導細線におけるスピン注入誘起準粒子の緩和過程,
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  8.  坂田 裕美, 木村 崇, 大谷 義近
    電流磁気効果による単一微小磁性体の強磁性共鳴の検出,
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  9.  七海 裕貴, 木村 崇, 大谷 義近
    非磁性細線で観測されるHanle効果へのオーミック接合した強磁性体端子の影響,
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  10.  戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近
    電流誘起磁化ダイナミクスの形状依存性,
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  11.  新井 邦明, 福本 恵紀, 奥田 太一, 中村 哲也, 木村 崇, 松下 智裕, 大沢 仁志, 室 隆桂之, 大谷 義近, 柿崎 明人, 木下 豊彦
    静磁気的に結合したミクロンサイズ磁気円盤配列における磁気渦コアダイナミクスの観測,
    日本物理学会2008年秋季大会, 岩手大学, 2008年9月.

  12.  諸田 美砂子, 木村 崇, 大谷 義近
    Moナノ細線におけるスピンホール効果,
    第32回日本磁気学会学術講演会, 東北学院大学, 2008年9月.

  13.  新井 邦明, 福本 恵紀, 奥田 太一, 中村 哲也, 木村 崇, 松下 智裕, 大沢 仁志, 室 隆桂之, 大谷 義近, 柿崎 明人, 木下 豊彦
    静磁気的に結合したミクロン磁気円盤配列における磁気渦コアダイナミクスの観測,
    第32回日本磁気学会学術講演会, 東北学院大学, 2008年9月.

  14.  大谷 義近, 木村 崇
    新しいスピン流生成・操作方法の探索 -スピンホール効果の機構探求とスピン注入による準粒子生成-(招待講演),
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成20年研究会, 京都大学, 2008年7月.

  15.  諸田 美砂子, 木村 崇, 大谷 義近
    Mo ナノ細線のスピンホール効果,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成20年研究会, 京都大学, 2008年7月.

  16.  大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    超伝導細線におけるスピン注入誘起準粒子の緩和過程,
    文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成20年研究会, 京都大学, 2008年7月.

  17.  木村 崇, 大谷 義近
    面内配列 強磁性/非磁性複合素子におけるスピン依存伝導(招待講演),
    産業総合技術研究所セミナー, つくば, 2008年4月.

  18.  戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近
    電流誘起磁化ダイナミクスの熱伝導依存性,
    日本物理学会第63回年次大会, 近畿大学, 2008年3月.

  19.  佐藤 孝哉, 大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    非磁性体金属中のスピン緩和過程の温度依存性~フォノン、表面散乱の効果~,
    日本物理学会第63回年次大会, 近畿大学, 2008年3月.

  20.  大西 紘平, 佐藤 孝哉, 木村 崇, 大谷 義近
    常伝導, 超伝導状態におけるNb細線のスピンホール効果,
    日本物理学会第63回年次大会, 近畿大学, 2008年3月.

  21.  大谷 義近
    金属ナノ構造におけるスピンホール効果(招待講演),
    文部科学省「最先端・高性能凡用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト, 次世代ナノ統合シミュレーションソフトウエアの研究開発 第2回公開シンポジウム, 自然科学研究機構, 岡崎, 2008年3月.

  22.  木村 崇, 大谷 義近
    オーミック接合面内スピンバルブ素子におけるハンル効果,
    特定領域研究「スピン流の創出と制御」第一回若手研究交流会, 神戸市 2008年3月.

  23.  戸川 欣彦, 大谷義近
    超伝導磁束量子と磁性体磁区の運動制御,
    特定領域研究「スピン流の創出と制御」第一回若手研究交流会, 神戸市 2008年3月.

  24.  大谷 義近, 木村 崇, L. Vila
    新しいスピン流生成・操作方法の探索,
    特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成19年度成果報告会, 東京大学, 2008年2月.

  25.  大西 紘平, 佐藤 孝哉, 木村 崇, 大谷 義近
    常伝導, 超伝導状態におけるNb細線のスピンホール効果,
    特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成19年度成果報告会, 東京大学, 2008年2月.

  26.  佐藤 孝哉, 大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    非磁性体金属中のスピン緩和過程の温度依存性~フォノン, 表面散乱の効果~,
    特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成19年度成果報告会, 東京大学, 2008年2月.

  27.  戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近
    パーマロイ細線における電流を用いた磁化反転の制御,
    特定領域研究「スピン流の創出と制御」平成19年度成果報告会, 東京大学, 2008年2月.

2007

  1.  大谷 義近
    面内金属微細構造におけるスピン注入とスピン蓄積(招待講演),
    第20回 佐々木シンポジウム「電子物性 この20年の発展と将来」, 東京大学, 2007年12月.

  2.  大谷 義近
    新しいスピン流生成・操作手法の確立への取り組み(招待講演),
    東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会「スピンエレクトロニクスの新展開」&特定領域研究キックオフミーティング「スピン流の創出と制御」, 仙台, 2007年10月.

  3.  原 正大, 大谷 義近
    磁気ディスク/超伝導体複合構造における磁気的相互作用,
    日本物理学会第62回年次大会, 北海道大学, 2007年9月.

  4.  関口 康爾, 山口 明啓, 宮島 英紀
    複合構造ナノリングにおけるAharonov-Bohm 振動,
    日本物理学会第62回年次大会, 北海道大学, 2007年9月.

  5. 戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近
    磁場下における電流誘起磁区生成,
    日本物理学会第62回年次大会, 北海道大学, 2007年9月.

  6.  大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    非磁性/超伝導接合特性に及ぼすスピン蓄積効果,
    日本物理学会第62回年次大会, 北海道大学, 2007年9月.

  7. 福本 恵紀, 大沢 仁志, 松下 智裕, 新井 邦明, 中村 哲也, 室 隆桂之, 木村 崇, 大谷 義近, 柿崎 明人, 木下 豊彦
    放射光パルスとフェムト秒レーザーパルス同期による時間分解XMCD-PEEM,
    日本物理学会第62回年次大会, 北海道大学, 2007年9月.

  8. T. Yang, A. Hirohata, T. Kimura & Y. Otani
    A hybrid spin-valve structure to produce strong nonlocal spin current,
    第31回日本応用磁気学会学術講演会, 学習院大学, 2007年9月.

  9.  原 正大, 木村 崇, 大谷 義近
    微小磁気リングにおける対磁壁のパルス磁場制御,
    第31回日本応用磁気学会学術講演会, 学習院大学, 2007年9月.

  10.  木村 崇, 大谷 義近
    Py/Ag プレーナースピンバルブ素子におけるスピン依存伝導,
    第31回日本応用磁気学会学術講演会, 学習院大学, 2007年9月.

  11.  Vila Laurent,木村 崇, 大谷 義近
    金属系ナノ構造におけるスピンホール効果,
    2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会, 北海道工業大学, 2007年9月.

  12. 戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近
    電流励起磁化ダイナミクスにおけるジュール加熱の影響,
    2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会, 北海道工業大学, 2007年9月.

  13.  大谷 義近
    磁壁と伝導のスピン科学(招待講演),
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  14.  廣畑 貴文, 関口 康爾, 楊 涛, 大谷 義近
    Co系ホイスラー合金スピン分極の面方向依存性,
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  15.  原 正大, 大谷 義近
    微小磁性体/超伝導体複合構造における磁化過程,
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  16.  関口 康爾, 山口 明啓, 宮島 英紀
    複合構造ナノリングにおける量子位相効果,
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  17.  木村 崇, 大谷 義近
    非局所手法を用いたスピンホール効果の電気的検出,
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  18.  佐藤 孝哉, 木村 崇, 大谷 義近
    NiFe/Cu 面内スピンバルブ素子における磁気伝導特性,
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  19.  大西 紘平, 木村 崇, 大谷 義近
    非磁性/超伝導接合特性に及ぼすスピン蓄積効果,
    第45回茅コンファレンス「最近のスピン科学とスピン技術」, 長野, 2007年8月.

  20.  廣畑 貴文
    非磁性金属環中におけるスピン流干渉効果(招待講演),
    早稲田大学 先進工学部 電気・情報生命学科 量子材料学研究室セミナー, 早稲田大学, 2007年6月.

  21.  木村 崇
    非局所手法を用いたスピンホール効果の電気的検出(招待講演),
    首都大学東京 多々良研セミナー, 首都大学東京南大沢キャンパス, 八王子, 2007年5月.

  22.  木村 崇
    ナノ微細磁気構造とスピン物性(招待講演),
    ナノ学会 第5回大会, つくば, 2007年5月.

  23. 戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近,
    パーマロイ細線における電流励起磁化ダイナミクス,
    日本顕微鏡学会 第63回学術講演会, 新潟, 2007年5月.

  24. 大谷 義近, 木村 崇, Vila Laurent
    金属微細構造におけるスピン注入とスピンホール効果(招待講演),
    2007年(平成19年)春季 第54回応用物理学関係連合講演会, 青山学院大学相模原キャンパス, 2007年3月.

  25.  原 正大,
    磁小磁性体における磁化状態の観測及び制御(招待講演),
    第8回物理学ゼミナール(プロジェクトゼミナール)特別講演, 熊本大学, 2007年3月.

  26.  大谷 義近,
    金属系における巨大スピンホール効果のデザインと実証(招待講演),
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  27.  廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    Cuナノ環におけるスピン偏極電流の干渉効果,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  28.  柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 木村 崇, 大谷 義近,
    強磁性/非磁性金属接合系における逆スピンホール効果,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  29.  楊 涛, 廣畑 貴文, 原 正大, 木村 崇, 大谷 義近,
    リング状ナノピラーにおいての磁化反転,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  30.  原 正大, 大谷 義近,
    磁性体リングにおける対磁壁のパルス磁場応答,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  31. R. Antos, 正木 博明, 石田 俊樹, 木村 崇, 柴田 絢也, J. Hamrle,大谷 義近,
    Image analysis in time-resolved Kerr microscopy on coupled magentic vortex structures,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  32.  木村 崇, 大谷 義近,
    金ナノ細線におけるスピン流吸収とスピンホール効果,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  33. Vila Laurent, 木村 崇, 大谷 義近,
    Electrical characterization of spin Hall effect in Pt-based nanostructures,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  34. 原田 研, 木村 崇, 戸川 欣彦, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近,
    電流が誘起する一様磁化中の磁区生成および消滅,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  35. 戸川 欣彦, 木村 崇, 原田 研, 明石 哲也, 松田 強, 外村 彰, 大谷 義近,
    ローレンツ法により電流駆動磁化ダイナミクスの観測,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  36.  石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    プレーナーホール効果を用いたスピントランスファー誘起磁気渦運動の観測,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  37.  正木 博明, 石田 俊樹, Roman Antos, 木村 崇, 大谷 義近,
    強磁性ナノ円盤における磁気渦生成・消滅過程の局所磁化測定,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  38.  佐藤 孝哉, 木村 崇, 大谷 義近,
    強磁性パーマロイ細線のスピンホール効果と異常ホール効果,
    日本物理学会2007年春季大会, 鹿児島大学, 2007年3月.

  39.  柴田 絢也,
    スピン流による磁化ダイナミクス,
    立命館大学理工学研究所ワークショップ「凝縮物質系におけるトポロジーの役割とその応用」, 立命館大学, 2007年3月.

  40.  廣畑 貴文,
    非磁性金属環中のスピン流干渉効果(招待講演),
    東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会「ナノ構造体の形成・評価とスピン伝導」, 仙台, 2007年3月.

  41.  大谷 義近,
    金属系におけるスピンホール効果(招待講演),
    日本学術振興会&高等研特別研究プロジェクト「電子系の新しい機能」06年度第3回研究会, 京都, 2007年3月.

  42.  木村 崇, Laurent Vila, 大谷 義近,
    非局所手法を用いたスピンホール効果の電気的検出(招待講演),
    日本応用磁気学会第153回研究会, 第15回スピンエレクトロニクス専門研究会, 東京, 2007年2月.

2006

  1.  大谷 義近, 木村 崇,
    非局所手法を用いたスピンホール効果の電気的検出(招待講演),
    第2回スピントロニクス研究会, 東京, 2006年10月.

  2.  大谷 義近,
    金属系におけるスピンホール効果の電気的検出(招待講演),
    東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト研究会「スピンエレクトロニクスの新展開」, 東北大学, 仙台, 2006年9月.

  3.  廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    Cuナノリングにおけるスピン偏極電流の干渉効果,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.

  4.  柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 大谷 義近,
    電流駆動磁壁運動に対するスピン波の効果II,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.

  5.  原 正大, 大谷 義近,
    二次元電子ガスを用いた磁気ディスクにおける磁化過程の検出,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.

  6.  木村 崇, 大谷 義近, 佐藤 孝哉, 高橋 三郎, 前川 禎通,
    スピンホール効果からの電気的検出:スピン流から電荷流 電荷流からスピン流,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.

  7.  石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    ジャイロベクトルを制御した磁気渦構造におけるスピントルク,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.

  8.  佐藤 孝哉, 木村 崇, 大谷 義近,
    NiFe/Cu 及び Co/Cu 面内スピンバルブ素子における磁気伝導特性,
    日本物理学会2006年度秋季大会, 千葉大学, 千葉, 2006年9月.

  9.  廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    非磁性体ナノリング中でのスピン偏極電流の干渉効果,
    第30回日本応用磁気学会学術講演会, 島根大学, 松江, 2006年9月.

  10.  楊 涛, 廣畑 貴文, 木村 崇, 大谷 義近,
    Estimating the respective contributions of spin accumulation and spin-polarized current to the spin torque,
    第30回日本応用磁気学会学術講演会, 島根大学, 松江, 2006年9月.

  11.  正木 博明, Roman Antos, 柴田 絢也, 石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    静磁結合した磁気渦の挙動 -カイラリティーの影響- ,
    第30回日本応用磁気学会学術講演会, 島根大学, 松江, 2006年9月.

  12.  木村 崇, 大谷 義近,
    二重スピン注入による非磁性層スピン蓄積状態の制御,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.

  13.  廣畑 貴文, 楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    Cuナノリングにおけるスピン偏極電流の量子干渉効果,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.

  14.  原 正大, 柴田 絢也, 木村 崇, 大谷 義近,
    楕円強磁性体リングにおける対ナノ磁壁の回転運動,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.

  15.  柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 大谷 義近,
    電流駆動磁壁に対するスピン波の効果,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.

  16.  石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    スピン偏極電流による連結磁気円盤の磁区構造制御,
    日本物理学会第61回年次大会, 愛媛大学・松山大学, 松山, 2006年3月.

  17.  大谷 義近,
    非局所的に誘導されたスピン流による磁化反転(招待講演),
    第53回応用物理学関係連合講演会, 武蔵工業大学, 東京, 2006年3月.

  18.  大谷 義近, 木村 崇,
    スピン流を用いた磁化状態操作(招待講演),
    日本応用磁気学会第145回研究会, 第10回スピンエレクトロニクス専門研究会, 東京, 2006年1月.

2005

  1.  大谷 義近, 木村 崇,
    "Manipulating magnetic state of nano-scale ferromagnetic particle by means of non local spin injection technique,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2005年シンポジウム, 東京, 2005年10月.

  2.  柴田 絢也, 多々良 源, 大谷 義近,
    "Effect of spin current on ferromagnetic domain instability,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2005年シンポジウム, 東京, 2005年10月.

  3.  楊 涛, J. Hamrle, 木村 崇, 大谷 義近,
    "Influence of top electrode size and materials on the current-induced magnetization switching in magnetic nanopillars,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2005年シンポジウム, 東京, 2005年10月.

  4.  鈴木 義茂, 大谷 義近, 宮崎 照宣,
    "Spin-injection as basis of spin-charge coupled devices,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2005年シンポジウム, 東京, 2005年10月.

  5.  木村 崇, 大谷 義近,
    ナノスケール磁性体のスピンダイナミクス(招待講演),
    PF研究会・ナノテクノロジー総合支援プロジェクトワークショップ「LEEM/PEEMを用いた表面研究の新しい展開」, 高エネルギー加速器研究機構, つくば, 2005年10月.

  6.  楊 涛, J. Hamrle, 木村 崇, 大谷 義近,
    "Magnetization switching dominated by the spin-polarized current,"
    第29回日本応用磁気学会学術講演会, 信州大学, 2005年9月.

  7.  木村 崇, J. Hamrle, 大谷 義近,
    面内スピンバルブにおけるスピン蓄積信号の端子配置依存性,
    日本物理学会2005年秋季大会, 同志社大学, 2005年9月.

  8.  石田 俊樹, 木村 崇, 大谷 義近,
    スピン偏極電流バイアス下での磁気円盤磁化過程,
    日本物理学会2005年秋季大会, 同志社大学, 2005年9月.

  9.  柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 仲谷 栄伸, 大谷 義近,
    スピン流による磁気渦の運動,
    日本物理学会2005年秋季大会, 同志社大学, 2005年9月.

  10.  河野 浩, 多々良 源, 柴田 絢也,
    LLG方程式におけるスピントルクの微視的計算,
    日本物理学会2005年秋季大会, 同志社大学, 2005年9月.

  11.  原 正大, 柴田 絢也, 木村 崇, 大谷 義近,
    マグネティックゲートを用いた磁壁ピン止め,
    日本物理学会2005年秋季大会, 同志社大学, 2005年9月.

  12.  木村 崇, 大谷 義近, J. Hamrle, 楊 涛,
    非局所スピン注入によるスピン蓄積の制御と磁化反転(招待講演),
    日本応用磁気学会・第11回ナノマグネティックス専門研究研究会, 東京, 2005年5月.

  13.  大谷 義近,
    "Manipulating magnetic state of nano-scale ferromagnetic particle by means of non-local spin injection technique(Invited),"
    日立スピントロニクスワークショップ, 日立製作所中央研究所, 国分寺, 2005年4月.

  14.  柴田 絢也,
    スピン流による強磁性不安定化と磁壁生成(理論),
    日本物理学会第60回年次大会, 東京理科大学, 2005年3月.

  15.  木村 崇, J.Hamrle, 大谷 義近, 塚越 一仁, 青柳 克信,
    面内スピンバルブ素子におけるスピン信号の増大,
    日本物理学会第60回年次大会, 東京理科大学, 2005年3月.

  16.  原 正大, 木村 崇, 柴田 絢也, 大谷 義近,
    半導体二次元電子系を用いた微小磁性体リングにおける磁化過程の検出,
    日本物理学会第60回年次大会, 東京理科大学, 2005年3月.

  17.  柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 大谷 義近,
    スピン流による強磁性不安定化と磁壁生成,
    日本応用磁気学会・第6回スピンエレクトロニクス専門研究会「強磁性半導体およびスピン依存伝導に関する最近の話題」, 東京大学, 2005年 2月.

  18.  柴田 絢也,
    スピン偏極電流による磁壁生成,
    東京大学物性研ミニワークショップ「磁性体における伝導」, 東京大学物性研究所, 2005年2月.

  19.  木村 崇,
    非局所スピン注入によるスピン分極の制御,
    東京大学物性研ミニワークショップ「磁性体における伝導」, 東京大学物性研究所, 2005年2月.

  20.  原 正大,
    半導体二次元電子系による微小磁性体の磁化測定,
    東京大学物性研ミニワークショップ「磁性体における伝導」, 東京大学物性研究所, 2005年2月.

  21.  大谷 義近,
    ノンローカル手法を用いたスピン蓄積の測定,
    東京大学物性研・物性研談話会, 東京大学物性研究所, 2005年1月.

2004

  1.  大谷 義近,
    ナノ構造磁性体の作製と物性,
    日本応用磁気学会スピンエレクトロニクス研究会主催・第3回スピントロニクス入門セミナー「磁性の初歩からスピントロニクス材料、デバイスまで」, 大阪大学中ノ島センター, 2004年12月.

  2.  木村 崇, J.Hamrle, 大谷 義近 ,
    "Suppression of spin accmulation in non-magnet due to additional ohmic contact,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2004年シンポジウム, 東京, 2004年9月.

  3.  J. Hamrle, 木村 崇, 楊 涛, 大谷 義近,
    "3D calculation of spin polarized current in nano-pillars,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2004年シンポジウム, 東京, 2004年9月.

  4.  楊 涛, 木村 崇, J. Hamrle, 大谷 義近,
    "Spin injection induced magnetization reversal in Co/Cu/Co nano-pillars,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2004年シンポジウム, 東京, 2004年9月.

  5.  楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    "Magnetic switching behaviors of nano-pillar structure induced by spin polarized current,"
    第28回日本応用磁気学会学術講演会, 沖縄, 2004年9月.

  6.  木村 崇, J. Hamrle, 大谷 義近, 塚越 一仁, 青柳 克信,
    面内スピンバルブ素子におけるスピン蓄積とスピンフリップ抵抗,
    日本物理学会2004年秋季大会, 青森大学, 2004年9月.

  7.  柴田 絢也, 多々良 源, 大谷 義近, 河野 浩,
    "Modified LLG equation in the presence of a spin polarized current,"
    日本物理学会2004年秋季大会, 青森大学, 2004年9月.

  8.  楊 涛, 木村 崇, 大谷 義近,
    "Switching behaviors caused by spin polarized current in nanopillar structure,"
    日本物理学会2004年秋季大会, 青森大学, 2004年9月.

  9.  大谷 義近,
    非局所手法を用いたスピン蓄積の測定,
    IFCAM研究会 : Nanoscience Based on Transition Metals, 東北大学, 2004年3月.

  10.  柴田 絢也, 多々良 源, 河野 浩, 大谷 義近,
    "Spin wave dissipation on current-driven domain wall motion,"
    日本物理学会第59回年次大会, 九州大学, 2004年3月.

  11.  大谷 義近,
    ノンローカル手法を用いたスピンホール効果の測定
    日本物理学会第59回年次大会, 九州大学, 2004年3月.

  12.  A. Moskalenko, 木村 崇, 大谷 義近,
    "Fabrication and magneto-transport properties in spin-injection switching devices,"
    日本物理学会第59回年次大会, 九州大学, 2004年3月.

  13.  J. Hamrle, 木村 崇, 大谷 義近,
    "4x4 matrix formalism to calculate spin accumulation - variation of non-local spin voltage in lateral spin-valve structure,"
    日本物理学会第59回年次大会, 九州大学, 2004年3月.

  14.  大谷 義近, 木村 崇, J. Hamrle,
    ノンローカル手法を用いたスピン蓄積の測定,
    日本応用磁気学会第134回研究会・第22回磁性人工構造膜の物性と機能専門研究会共催「スピンエレクトロニクスの現状と将来」, 東京農工大学, 2004年1月.

2003

  1.  大谷 義近,
    ナノスケール磁性体のスピンダイナミクス,
    東京大学物性研・物性研談話会, 東京大学物性研究所, 2003年11月.

  2.  木村 崇, 大谷 義近,
    "Spin hall effect measured in the non-local configuration,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2003年シンポジウム, 東京, 2003年10月.

  3.  A. V. Moskalenko, T. Kimura & Y. Otani,
    "Spin injection inducd magnetization reversal in nano-scale ferromagnetic structures,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2003年シンポジウム, 東京, 2003年10月.

  4.  木村 崇, 大谷 義近, 塚越 一仁, 青柳 克信,
    強磁性/非磁性微細接合におけるスピンローカルホール効果,
    日本物理学会2003年秋季大会, 岡山大学, 2003年9月.

  5.  柴田 絢也, 重藤 訓志, 大谷 義近,
    二次元正方格子系におけるナノ磁気渦運動の局在,
    日本物理学会2003年秋季大会, 岡山大学, 2003年9月.

  6.  大谷 義近,
    静磁的に結合したナノスケール磁気渦格子のダイナミクス,
    第27回日本応用磁気学会学術講演会, 大阪大学, 2003年9月.

  7.  木村 崇, 大谷 義近, 塚越 一仁, 青柳 克信,
    スピン偏極電流による磁性細線内ピン止め磁壁の離脱,
    第27回日本応用磁気学会学術講演会, 大阪大学, 2003年9月.

  8.  柴田 絢也, 重藤 訓志,大谷 義近,
    微小磁気円盤中におけるナノ磁気渦運動の局在,
    第27回日本応用磁気学会学術講演会, 大阪大学, 2003年9月.

  9.  木村 崇, 大谷 義近, 八木 巌, 塚越 一仁, 青柳 克信,
    電流注入効果による磁性細線内磁壁のドラッギング,
    日本物理学会第58回年次大会, 東北大学, 2003年3月.

  10.  木村 崇, 大谷 義近, 塚越 一仁, 青柳 克信,
    強磁性/非磁性微細接合におけるノンローカルホール効果,
    日本物理学会第58回年次大会, 東北大学, 2003年3月.

  11.  奥野 拓也, 重藤 訓志, 大谷 義近, 増野 敦信, 寺嶋 孝仁, 小野 輝男, 壬生 攻, 新庄 輝也,
    磁性体ドットにおける吹き出し磁化反転の物質依存性,
    日本物理学会第58回年次大会, 東北大学, 2003年3月.

  12.  柴田 絢也, 重藤 訓志, 大谷 義近,
    二次元正方格子系におけるナノ磁気渦運動の分散関係,
    日本物理学会第58回年次大会, 東北大学, 2003年3月.

2002

  1.  柴田 絢也, 重藤 訓志, 大谷 義近,
    "Spin dynamics in ferromagnetic nano-scale magnets,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2002年シンポジウム, 東京, 2002年10月.

  2.  Y. Li, 木村 崇, 大谷 義近,
    "Theoretical analysis on the spin-injection-induced magnetization reversal in double junction system,"
    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「電子・光子の機能制御」2002年シンポジウム, 東京, 2002年10月.

  3.  柴田 絢也, 重藤 訓志, 大谷 義近,
    静磁結合したナノ磁気円盤中における渦のダイナミクス
    日本物理学会2002年秋季大会, 中部大学, 2002年9月.

  4.  重藤 訓志, 柴田 絢也,
    静磁的に結合したナノ磁気渦構造のダイナミクス
    第26回日本応用磁気学会学術講演会, 東京農工大学, 2002年9月.

Copyright (C) 大谷研究室 All Rights Reserved.